バストアップを諦める必要はない

バストアップを諦める必要はない

自分のバストに自信が持てない…、どうしてもなんとかして理想のバストにしたい!…という女性は多いのではないでしょうか。日本人女性の約7割以上の人たちが自分のバストに対して何かしらの不満を抱えているものです。その悩みには大きさや形、垂れている、バストトップに関する悩みなどなど…内容は人それぞれです。

 

 

 

特に多い悩みはバストが小さいことです。冬は目立ちにくいですが、夏になると水着や薄手の洋服を着る機会は多いですよね。その為、男性の目線はもちろん同性の目線も気になったりするそうです。やはり無いよりはあった方が良い…と考える人が多いのかもしれません。

 

 

 

しかしバストアップしたくても親も小さいから…、成長期はとっくに過ぎたし…、もう既に閉経したし…なんて思って自分のバストは大きくならないと勝手に思い込んでいませんか?もしそう考えているのであれば間違っています。バストアップには遺伝も成長期だって関係ないのです。

 

 

 

女性ホルモンに関して少し関係ありますが、閉経したからと言って諦める必要はありません。50代、60代以降の女性たちの場合は二の腕やおなか周りの脂肪をバストへ移動させることでバストアップに繋がるのです。

 

 

 

また、遺伝や成長期を気にしている人も脂肪を移動させるという方法もありますが他にも筋力を付けてバストアップする方法、クリームやブラジャーの付け方などでバストアップする方法などいろいろとある諦める必要はないのです。